坂の上の雲

坂の上の雲

    明治維新後の日本。
    先進国へ追いつくべく猛進している日本。
    その日本の四国出身の3人を中心とした壮大な物語。
    日露戦争においてコサック騎兵を破った、日本騎兵の父、秋山好古。
    同じく日露戦争、日本海海戦の天才参謀、秋山好古の弟、秋山真之。
    俳句や文学世界に巨大な足跡を残した正岡子規。
    その他、日清、日露戦争で活躍した多くの軍人の物語。
    日露戦争についての知識は、『東郷平八郎がロシア艦隊を破った』
    程度しか知らなかったが、詳細に当時の様子や人物を知ることができた。
    なかでも、旅順要塞攻略の際、児玉源太郎が指揮を取る場面などは感動した。

    一番好きなのは秋山好古の言葉。

    『男の人生、1つの事を成せば足る』

    自分は何を成すかを真剣に考え始めるきっかけとなった。




inserted by FC2 system